ジョイントを徹底比較し厳選です

送料がもう少し安ければなあ・・・ベトコンにエバーフローを敷きマルチを張ってトマトを植えました。無駄が多いと思います。というのもサカタやタキイで液肥が自動に希釈できるという器具を購入したものの問題ありで使用できませんでした。

コチラです!

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

ジョイント液肥混入器★新型・FPSー1S型(200倍用)+ホースジョイント+ホース同士ジョイント付 サンノー 液肥混入器 液肥混入機 液肥 かんたん液肥

詳しくはこちら b y 楽 天

倍率誤差は2割くらいあるそうです。じょうろで薄めて液肥をやるのも2時間以上かかり疲れてしまいます。液肥を使わない時にホースを繋ぐのが簡単にでき便利です。100倍があればいいと思います。しかし!いままでで一番良い液肥混入器だと思いました。ありがとうございました。 液肥は容器一升ピンの下層より混出され!その同じ量の水が容器の上層に入っていきます。今回液肥混入器を購入して早速使用してみました。以下!特徴です。何よりもホースの中間に取り付けるのでノズルを好みのタイプにできるメリットが大きいです。高さの無いベトコンでの液肥やりは苦痛でした。商品の見た目的には、これでこんな値段するんだと思いましたが、自分は使用頻度が高いので、耐久性があれば十分良い商品だと思います。例年!潅水はエバーフローに任せるモノの!追肥はジョウロを使って手作業でした。その為、途中からの濃度の変更は難しいです。今回!ハウス内での葉物の液肥の葉面散布に購入させていただきました。とても簡単で、動噴より多くの水量が出せるので作業が楽になりました。今回こちらを購入し1リットルのペットボトルを使用。1リットルペットボトルの50倍液肥から200リットルの1000倍液肥を撒くことができるわけですがホースにつなぐだけなので水やり感覚で液肥をやれて楽チンでした。色の薄い一升瓶を酒屋さんから譲り受けホースとエバーフローの間に入れ込みました。200倍は多すぎる、500ccのボトルでも100Lも撒いてしまう、およそ風呂の半分です。水やりは自動灌水を駆使してますが、まめに肥料をやれないのが悩みでした。まだ、使用していないのですが、商品を見る限り、うまくいきそうです。今まで液肥をやるのが大変で農薬と同時に液肥も葉面散布していました。。きっとホースの水量も加減が必要なのでしょうが…取りあえずいつもどおり。愛用させて頂きます。プロ用液肥混入器は家庭用のホースに簡単に繋げるものでなかったり高価格だったりで手が出せなかったのですが!こちらの製品はお手頃で私にとっては機能面も十分でした。わたしは!芝の液肥(メネデール)の希釈に利用!完璧です!原液を使い切るまで原液を継ぎ足しが出来ないことと途中で容器を動かせないとを除けばとても使いやすいです。システムが理解出来ていない私には少々行き当たりばったりでしたが、本日で追肥後1週間、32mのベトコン1本分の苗は偏る事なく勢いを増しました。で!仕方なく葉面散布となっていました。使い勝手が大変良いです。200倍液肥対応云々は素人の私には理解に苦しみましたが!なんとか調合して食紅を少し入れて液肥を造りました。贅沢いうなら少し液肥が足りなくなったから1.2リットルのペットボトルがあれば丁度使いきれて良いのにな、と思います。1時間程で食紅色の液肥が透明な水に変わりました。使用感からいうと、とても便利です。一旦セットすれば、ペットボトルの着脱は針金状のストッパーをカチッとスライドさせるだけと簡単なので、週2回薄めの有機液肥を入れていたらピーマンの色も濃くなってきました(^-^)vばらを400鉢以上趣味で育てています。発送等迅速なご対応、ありがとうございました。イチゴの液肥灌水に使用しています。この商品を利用する場合、おそらくペットボトルでの利用が多いのでは?この本セットでは、ペットボトルを利用するには、足りないもの部品があるため、ちゃんと理解して購入する必要あり。ある程度、適当なものと考えて使用すれば良いと思います。住まいとは別の建物の屋上にプランターをたくさん並べて無農薬の野菜と果物を作っています。ベンチュリー方式の意味を理解しきっっておらず!容器の中を液体でいっぱいにして吸い上げる!また!吸い上げた分水が補充されるという部分には少し驚いたのですが!500mlのペットボトルでもためしてみたところ上手く吸い上げることが出来ました。商品としてはすごく良いので、あとは利用説明をわかりやすくすれば良いとおもます。