バッテリがダントツに安い 2017年度 クリーナ

買うからには18vで、充電チェックの有るものと思いこの機種に決めました。星が1つ減らしてあるのはカブセル式はホースを抜くときにごみカプセルが回ってしまう失敗がたまに有るところです。強すぎても床への吸い付きが凄すぎて疲れます(マキタのクリーナー中では最高パワーですが)。

早速ご紹介♪

2017年01月17日 ランキング上位商品↑

クリーナ バッテリマキタ 充電式クリーナ CL181FDRFW 特別セット残容量表示&自己故障診断機能付バッテリ仕様 【18V / 3.0Ah / 1830B】【 バッテリ・充電

詳しくはこちら
 b y 楽 天

新築賃貸ハイツに、3月から入居。ちなみにフィルター部には!ネットで良く裏技として紹介されているキッチンゴミ用の100均ネットをかぶせてみました。へッドが小さいのも私的には気になりません。ダイソンのコードレスも比較しましたが三台は買えそうな値段にあっさり却下されました。メーカーさん推奨の使い方ではないのでしょうが!つけてみたらその必要性がよく理解できました。マキタさんに!それプラスサイクロン式が出たら即決でした!でも!やっぱりコードレス掃除機は!使用時間と充電時間が1番大事かなと思いました。カプセルタイプなので維持費もかからなくて良いです。我が家はクッションフロア・畳・カーペットで!毛足の長い絨毯を敷いた部屋は無いので!LOWモードでも結構掃除できそうです。職場でお手頃価格のマキタを使用していました。もっと早く買えばよかったなぁ。コードが無いので快適です。ただ、悩んだ理由は、サイクロンじゃなかったから。。これは自分で気を付ければ良いのですが、少し工夫があればと思いました。カーペットに絨毯用のアタッチメントを付けてハイパワーでかけてみましたが、充分綺麗に掃除できていました。その気になったら本体もバッテリも全部が取替え可能な「パーツ」であるというのも、不具合時の不安がなくていいですね。軽い軽いと聞いて想像していたのよりは重かったのですが、構造や形状がいたってシンプルで、かなり扱い易いと思います。アタッチメントの付け外し、ゴミの捨て方、全てがとても簡単。軽いタイプのコードレスをお探しの方にはおすすめできないかも。夫は「マキタの…」と言ったら「ああ工具の…」とすぐ返事をしてきましたので!場合によってはバッテリが工具に使いまわされることもあるかもしれません。それまでは!まめにクイックルワイパーでしのいできました笑一階は!玄関から始まり階段を上ると3LDKという物件。掃除機の種類に悩み悩んでやっときまりました。1つの掃除機で掃除したいのでコードレスが第1優先。自宅用にパワーのあるこちらを購入。確かに重い感じもするけど!これくらいならしょうがないと思いました。第二は、時間という点です。サブではなく!メイン使いでいくつもりです。以前家族に購入して使い勝手の良さに惚れ込んで居たのですが!自宅では古くて高くて重くてのダイソンを使っていて「壊れるまでは我慢しよう」と思っていましたが!「マキタ掃除機良かったよ」と友人に話していたら!友人も「購入してとても使い勝手が良い!両親にも買って送る」と聞いたとたん「やっぱり買おう!」と踏ん切りが着きました。ダイソンよりは軽い感じがします。充電時間が短い!使用時間長いまさに!マキタさんしかありませんでした。いわゆる吸い込み仕事量も「このぐらいが丁度良い」感じ。